Online Shop ~イタリアの大地から食卓へ~
毎月当たるキャンペーン

毎月当たる
キャンペーン

レシピ

トマトソースのマスタードピカタ

トマトソースのマスタードピカタ
トマトソースのマスタードピカタ

【アルチェネロ「有機粗ごしトマトピューレー」使用】

お肉に粒マスタードを塗って、チーズ入りのなめらかピカタの衣をつけたお料理です。ポイントはたっぷりのトマトソース。アルチェネロ有機粗ごしトマトピューレーを使って、短時間で美味しいトマトソースを作ります。

【日仏貿易×クスパ】コラボ企画で制作されたレシピです。
教室名:サロン・ド・ヨーコ
先生名:井田ようこ先生
教室URL:http://cookingschool.jp/do/school/index?schoolId=197

  1. トマトソースを作る。玉ねぎみじん切りを耐熱容器に入れ、ラップをして電子レンジ(600w)に2分かける。バターとオイル(分量外)を鍋に入れ、火にかけて玉ねぎを炒める。
  2. アルチェネロ粗ごしトマトピューレー、ハーブを加えて一度沸騰させ中火弱で3~4分煮込む。塩小1/2を加え軽く胡椒をふって味を整える。
  3. オーブンを180℃に予熱する。ジャガイモの皮をむき、スライサーなどで薄切りにする。オーブンペーパーを敷いた天板に半量ずつ丸くなるように置く。オリーブオイルを回しかけて、温めておいたオーブンで10分ほど焼く。
  4. ジャガイモを焼いている間にピカタの衣を作る。卵を溶いて、牛乳、粉チーズ、パン粉を加えてよく混ぜておく。
  5. 豚肉をまな板などに平らに並べ、軽く塩・胡椒する。小麦粉を茶漉しなどで軽く振って、粒マスタードを長さの半分に塗る。豚肉を折って半分の大きさにし、外側にも軽くこなをふる。
  6. フライパンにオイル(分量外)を温め、豚肉にピカタの衣をつけてこんがりと焼く。
  7. お皿にトマトソースをたっぷりしき、ジャガイモを真ん中に乗せて、上にピカタを乗せる。クレソンを飾って出来上がり。
ポイント
ハーブはマジョラムやエルブ・ド・プロバンスなどでも。ホールのものはお茶パックに入れて下さい。ピューレーが美味しいので塩・胡椒は軽めに。豚肉はなるべく薄いもの。ロースや肩ロースでも大丈夫。3人分にする時は1.5倍。端数が出たら切り上げて。
トマトソースのマスタードピカタ
材料分量
有機エキストラ・ヴァージン・オリーブオイル フルッタート 250ml   小さじ1/2
豚ももうすぎり肉 100g
塩・胡椒 少々
粒マスタード 15g
薄力粉   適量
1個
牛乳 大さじ2(30cc)
粉チーズ 5g(小さじ2)
パン粉 10g
ジャガイモ 100g(小さめ1個)
有機エキストラ・ヴァージン・オリーブオイル フルッタート 250ml   小さじ1
クレソン 1本
トマトソースの材料(作り方1~2)分量
有機粗ごしトマトピューレー 500g  250g
玉ねぎみじん切り 180g(中1/3個)
食塩不使用バター  10g
ハーブ(バジル、オレガノ、ロリエ等)、胡椒 各少々
小さじ1/2